「低負荷・低荷重研磨」が可能な IS-POLISHER Series は
多くの分野で導入されています

ISPP-1000
経験を数値化できる基本モデル

手研磨の感覚で使える自動機。低負荷機能によって手研磨の技術を自動化できます。

詳細はこちら
ISPP-3000
操作性を追求した全自動モデル

画面に沿って研磨条件を選択することで、熟練者の技術を再現できます。

詳細はこちら
ISPP-5000
難易度の高い試料に応える特注モデル

ミクロン単位で研磨したい、自動で洗浄したいなどのご要望をカスタムで実現できます。

詳細はこちら

書籍のご紹介

IS-POLISHERの開発にご協力いただきました、元東京大学大学院工学系研究科 マテリアル工学科・助教朝倉先生や専門に研究されている方々が監修される書籍をご紹介いたします。研究者のバイブルと言われているそうです。

失敗から学ぶ電子顕微鏡試料作製技法 Q&A
電子顕微鏡Q&A―先端材料解析のための手引き
電子顕微鏡研究者のためのFIB・イオンミリング技法Q&A―ナノテクノロジーの推進役
材料解析研究者・顕微鏡研究者のためのマクロ観察と新型顕微技法 Q&A
表面分析―基礎と応用〈上巻〉
表面分析―基礎と応用〈下巻〉
電子顕微鏡による高分子材料の観察と解析
色材と高分子のための最新機器分析法―分析と物性評価

IS-POLISHERによる
試料研磨サービスを始めました

これまで多くのお客様からご要望をいただいておりました、IS-POLISHERの特長を生かした試料研磨サービスを始めることになりました。様々な課題を持ったお客様の試料を低負荷・低荷重というIS-POLISHERの機能で解決してきました。
その経験を活かしたサービスをご提供いたします。