「マイクロメータ」で2ミクロン単位の除去範囲を設定
「ストッパ」で削り過ぎを防止

削り過ぎ防止機能とは、露出させたい特定部位を消失させないように除去範囲を設定する機能です。
研磨中に試料ホルダが下がっていく下限位置を2μm単位で設定することができます。

インジケータ(オプション)

マイクロメータがストッパに接触した時に知らせるインジケータがあります。
インジケータには3つのお知らせ機能があります。

◆接触時に可視化→ランプ点灯
◆接触時に可視化→ランプ点灯及びブザー
◆接触時に可視化→ランプ点灯及びブザー
 及びランプ点灯、回転停止(0〜8秒)

IS-POLISHERに関するお問合せは045-717-5136受付時間 9:00-18:00 [土・日・祝日除く]

お問合せ・資料請求