「軟らかい金属の研磨」でお困りではありませんか?
 包埋せずに試料をつかむ新発想の自動低負荷試料作製システム「IS-POLISHER」による電子部品の研磨事例をご紹介します。

純銅

課題

純銅など軟らかい金属の研磨ではキズが入りやすく、ダレが発生するため、組織の観察可能な仕上げ面ができない。

 

解決策

  • ウェイトキャンセラを使用して研磨時の荷重をできるだけ低くすることでキズが入りにくくなり、観察可能な仕上げ面が得られる

 

研磨プロセス

他にも様々な素材による
研磨事例をご紹介しています

試料研磨機メーカーだからできる「試料研磨サービス」始めました

お客様の材料や製品の、品質改善や製品開発をサポートする「試料研磨・解析サービス」を行なっています。
試料研磨・観察・測定・分析を弊社にお任せいただくことで、他の仕事に専念でき、社内の効率化が図れます。
試料の種類、材質、大きさ、精度など、お客様のご要望にお応えします。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

製品に関するお問合せ・資料請求はこちらから

IS-POLISHERに関するお問合せは045-717-5136受付時間 9:00-18:00 [土・日・祝日除く]

お問合せ・資料請求