• 桜の木の皮は皆さんご存知のように加工品に使われます。特に秋田地方の名産品として「茶筒」があります。今回研磨でどこまで仕上げられるのか挑戦してみましたが思うよう仕上がってくれませんでした。これは皮そのものが積層構造になっており、この積層部分をなかなか固定できません。瞬間接着剤で数回トライしたのですが、結果は写真のように傷が消えませんでした。ただ、最外皮層の構造はきれいに見えましたので紹介する事にしました。時間があったらもう一度検討してみます。